blog index

一人暮らしの知恵!

一人暮らしの生活の部屋捜し、インテリア、料理、生活費節約、必要な家具など注意すべきポイントを紹介します。  

一人暮らしを始めるあなたに、家探し・引越し、インテリヤ、家具などの一人暮らしの必需品や
風水グッツの活用、効率的な収納法の工夫、掃除・洗濯の工夫、一人暮らしのペットの飼いかた、
光熱費などの節約術、かんたんな料理レシピ、一人暮らしの防犯対策などの一人暮らしの知恵を提供します。
東京のひとり暮らしには費用がかかるので光熱費などの節約も必用になってきますね。


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


一人暮らし第一歩の必需品



3月、4月となると大学入学や社会人1年生となって一人暮らしを始める人が多いと思います。

一人暮らしを始めるなら、絶対に揃えておきたい物はたくさんありますよね。

その中でも、初めから揃えておきたい必要度の高い物を、少し紹介します。

まず、布団ですね。
初日から用意してないと、寝るのに困りますね。
この時、フローリングでベットを利用するなら問題ないのですが、直に布団で寝る場合は布団によっては体が痛くなる事がありますので、マットレスを購入するか、ボリュームのある物を選択してください。

そして、カーテンですね。
結構忘れがちですが、初日から用意しておかないと、困る事が多いです。
遮光タイプ・防犯タイプがお薦めです。

照明器具と冷暖房機器も、付属してない部屋が結構あるので、確認しておきましょう。

後は、トイレットペーパーなどの日用品、バスタオルや食器なども忘れずに用意しましょう。
ドライヤーも人によっては必需品でしょうか。
それと電気ケトルはぜひ用意したいですね、朝や晩コーヒーなどを飲みたい時にすぐにお湯が沸いてとても便利で、しかも電気ポットと比べ経済的ですよ。

それと、掃除機やほうき、雑巾などは、引越し後の荷解きの前に必要になるので、一番出しやすいところに準備してお着ましょう。

それ以外にも、冷蔵庫や電子レンジ、コンロ等々あれば便利な物は、挙げるとキリがありませんね。
早い段階で生活に必要な物のリストを作成しておくと、買い忘れは防げるでしょう。

リストは、普段生活していて使用している物を、気付く度に記入して行き完成したら、それに優先順位を付けて買い足していけば良いですから。

まずは必要最低限の物で一人暮らしの第一歩をはじめましょう。


 

| よし一人 | 一人暮らし 家電・家具 | 13:09 | comments(1) | trackbacks(0) |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


一人暮らしの家具選びのコツ

 一人暮らし向きの代表的な間取りは「ワンルーム」「1K」「1DK」と比較的小さな部屋で暮らす人が多いですから、家具を買うときには本当になくてはならない家具なのか、しっかりと見極めてから購入を決めましょう。
引っ越して荷物を入れる前の部屋は広く見えますが、家具を入れ生活してみると思いのほか狭く感じるものです。

一人暮らしで必要な家具ーベットの選び方です。
ベットのサイズ・形・機能もさまざまなものがあります。
その中から、自分の身体に合わせて、部屋の広さにあった大きさ・形・機能を見極めて選びましょう。

快適な一人暮らしのために、カーテンは部屋のイメージを決める大事な要素です。
素材や色・デザインにこだわると、なかなか気に入ったものが見つからないものです。
そんなときはインターネット上で下調べをしてみましょう。
自分のイメージにぴったりの物が見つかったらすぐに購入できます。

一人暮らしでは、収納スペースは大きければ大きいほど便利ですね。
収納家具としてはメタルラックやカラーボックスなどを使って見栄え良く収納するといいでしょう。
価格もリーズナブルで一人暮らしにはピッタリのアイテムです。

この他の一人暮らしに必要な家具として、鏡(姿見)・ミニテーブル(ちゃぶ台)・クローゼット・衣装ケース・食器棚・パソコンをお持ちでしたら机と椅子が必要になります。

一人暮らしの家具はまずは必要最小限のものをそろえ、部屋のスペースに限りがあるので生活に使用をきたすもの意外は買わないようにして、どうしても必要となったら買い足していくようにしましょう。

 

 

 

| よし一人 | 一人暮らし 家電・家具 | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0) |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


独り暮らしの電化製品

 独り暮らし を始めると、家電・家具などのインテリアを一通り揃えなければなりません。
独り暮らし になくてはならない家電品は、照明機器は勿論ですが、冷蔵庫・洗濯機・オーブンレンジ・テレビ・ガスコンロ・炊飯器・掃除機・ドライヤーそれにパソコン・携帯電話などです。
これらの家電品をすべて買い揃えているとかなりの金額になります。

独り暮らしのばあいはまず部屋の広さやインテリアを考えながら、必要最小限必要なものから揃えていきましょう。
洗濯機は独り暮らし に欠かせない家電品ですんね。
おすすめは簡易乾燥機付全自動タイプ。
容量は4〜6圓發△譴仆淑です。
簡易乾燥機能が付いていると、雨が降ったりした場合、ある程度まで乾かして部屋干し出来るので便利です。

それと独り暮らしですと家に帰っても話す相手がいません。
そんな寂しさを忘れさせてくれるのがテレビです。
独り暮らしには欠かせない家電品です。
テレビは現在、液晶テレビ・プラズマテレビが主流になっています。
部屋の広さや置く場所、価格、インテリアなどを考慮して決めましょう。

1人暮らしの家電の中で炊飯器の選び方は3合炊きがおすすめです。
5合炊きだと少し大きすぎるようです。
ガスコンロには1口と2口がありますが、独り暮らしでもスペース的な問題がないなら2口のガスコンロが便利です。

独り暮らし の家電として欠かせないものになっているのがパソコンですね。
独り暮らし の人が最初にパソコンを買うときは省スペースのノートパソコンがおすすめです。

これらを揃えて順次冷蔵庫、掃除機などを揃えていくのが良いでしょう。

| よし一人 | 一人暮らし 家電・家具 | 05:04 | comments(0) | trackbacks(0) |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


一人暮らしの家電
一人暮らしを始めると、必要となる家具家電などのインテリアを一通り揃えなければなりませんね。
一人暮らしになくてはならない家電品は、照明機器は勿論ですが、冷蔵庫・洗濯機・オーブンレンジ・テレビ・ガスコンロ・炊飯器・掃除機・ドライヤーそれにパソコン・電話機などです。
これらの家電品をすべて買い揃えているとかなりの金額になります。
部屋の広さやカラーコーディネート・インテリアを考えながら、どうしても必要なものから揃えていきましょう。

冷蔵庫はすぐにでも必要になる家電品です
一人暮らしで使う冷蔵庫選びのポイントは容量です。
一人暮らしの場合、自炊するか外食中心のライフスタイルかで変わってきます。
外食中心のライフスタイルであれば70リットル〜140リットルクラスの冷蔵庫で充分でしょう。
自炊したり、近くにスーパーやコンビニがなく1〜2週間のまとめ買いをする方は200リットル以上の冷蔵庫がおすすめですね。

洗濯機は一人暮らしに欠かせない家電品です。
おすすめは簡易乾燥機付全自動タイプ。
容量は4〜6圓發△譴仆淑です。
簡易乾燥機能が付いていると、雨が降ったりした場合、ある程度まで乾かして部屋干し出来るので便利です。

家に帰っても話す相手がいない一人暮らしですと、寂しさを忘れさせてくれるのがテレビです。
一人暮らしには欠かせない家電品です。
テレビは現在、液晶テレビ・プラズマテレビが主流になっています。
部屋の広さや置く場所、価格、インテリアなどを考慮して決めましょう。

炊飯器の選び方は3合炊きがおすすめです。
5合炊きだと少し大きすぎるようです。
ガスコンロには1口と2口がありますが、一人暮らしでもスペース的な問題がないなら2口のガスコンロが便利です。

そしてパソコンが一人暮らしの家電として欠かせないものになっているのです。
一人暮らしの人が最初にパソコンを買うときは省スペースのノートパソコンがおすすめです。



JUGEMテーマ:生活家電


| よし一人 | 一人暮らし 家電・家具 | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


一人での生活と家具選び

ひとり暮らしで家具を買うときには、どうしてもあれも必用、これも欲しいと思ってしまいますが、その家具がどうしても必要なのかをよく考えてから購入するようにしてみましょう。
引っ越して荷物を入れる前の部屋は広く見えますが、家具を入れ生活してみると思いのほか狭く感じるものです。
実際一人暮らしの大半の方は小さな部屋で暮らすようになるわけですから、本当になくてはならない家具なのか、しっかりと見極めてから購入を決めましょう。

一人の暮らしで必要な家具ーベットの選び方です。
ベットのサイズ・形・機能もさまざまなものがあります。
その中から、自分の身体に合わせて、部屋の広さにあった大きさ・形・機能を見極めて選びましょう。
快適な一人暮らしのために、カーテンは部屋のイメージを決める大事な要素です。
素材や色・デザインにこだわると、なかなか気に入ったものが見つからないものです。
そんなときはインターネット上で下調べをしてみましょう。
自分のイメージにぴったりの物が見つかったらすぐに購入できます。

収納家具としてはメタルラックやカラーボックスなどを使って見栄え良く収納するといいでしょう。
価格もリーズナブルで単身での暮らしにはピッタリのアイテムです。
この他の一人暮らしに必要な家具として、鏡(姿見)・ミニテーブル(ちゃぶ台)・クローゼット・衣装ケース・食器棚・パソコンをお持ちでしたら机と椅子が必要になります。

くどいようですが、一人暮らしの家具は必要最小限のものをそろえて、どうしても必要と感じたらそれに応じて買い足していくのが賢い方法ですよ。


JUGEMテーマ:生活家電


| よし一人 | 一人暮らし 家電・家具 | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


冷蔵庫選びのポイント

今日の生活様式では一人暮らしでもなにはなくとも冷蔵庫は絶対に必要ですね。
一人暮らしで使う冷蔵庫選びのポイントは容量です。
冷蔵庫の容量=(70リットル<一人当たり容量>×n<家族の人数>)+100リットル<常備品容量>+70リットル<予備容量>(Nationalの調べから)という計算式で概算を求めると (70リットル×1人)+100リットル(常備品)+70リットル(予備)=240リットルとなり、一人暮らしの場合なら、240リットルの冷蔵庫が必要ということになります。

しかし、一人暮らしの場合歯冷蔵庫選びも自炊するか外食中心のライフスタイルかで変わってきます。
外食中心のライフスタイルであれば70リットル〜140リットルクラスの冷蔵庫で充分でしょう。
自炊したり、近くにスーパーやコンビニがなく1〜2週間のまとめ買いをする方は200リットル以上の冷蔵庫が必要となるでしょう。

また、自炊して弁当なども手作りしている方で食材の作り置きにフリージングを活用したいという方なら、冷凍室の容量の多いタイプの冷蔵庫を選ぶと良いでしょう。
冷蔵庫の容量と電気代は、冷蔵庫の容量400リットル〜450リットルのサイズが最も電力の消費効率がよく、電気代が安くなっています。
一人暮らしで自炊もしないという方でもあまり容量の小さな冷蔵庫にすると電気代が割高になります。

ライフスタイルに合わせ、電気代の節約になる省エネタイプの冷蔵庫の選び方を考えて見ましょう。
冷蔵庫を設置する場所は、直射日光の当たらない、風通しの良い場所でドアの開閉が出来なければなりません。
放熱の方式が大きく変わり放熱スペースが小さくてすむようになりましたが、スペースは確保する必要もあります。
こうしたことを考えて、購入前の部屋の中をシュミレーションをして設置場所を確認しておくことは大切ですよ。




JUGEMテーマ:生活家電


| よし一人 | 一人暮らし 家電・家具 | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


掃除風水で金運、恋愛運をアップ
一人暮らしの掃除機選び
一人暮らしの家電選びの中で、ちょっと後回しになってしまうのが、掃除機です。
そんなに部屋は広くないし、ほうきやクイックルワイパーがあれば十分、大丈夫というのも、もっともな話です。
もっともなんですが、これが当てはまるのは、掃除をしっかりとできている習慣をもった人なんですね。
あまり掃除をやらない人、掃除なんて面倒くさいと思っている人だと、まずほうきがあっても掃除をしたりしません。
ほうきのはき掃除って結構面倒なんですね。
トレンディドラマみたいに部屋に家具がほとんど置いてないがら〜んとした部屋だったら、楽なんですが、普通の部屋だったら、そうはいきません。
ほこりがたまりやすい部屋の隅を掃除するために、家具を移動して、それからほうきをはいて、たまったほこりをちりとりでとって、ゴミ箱へ、といった流れになります。
掃除のプロセス、過程が、掃除機を使う場合にくらべて、明らかに一つ、二つ多いですよね。
この一手間、二手間がものすごい差になってくるんです。
一人暮らしだと掃除機というと、冷蔵庫や洗濯機のように、必ず必要、買わなきゃ!ってものでもありません。
ほうきだったら100円で買えてしまいます。
でも、ちょっとここは奮発して掃除機を買っておきたいですね。
今、話題の風水では、掃除こそが開運の重要ポイントだとされています。
ほんの少しのお金を節約したばかりに、掃除のハードルが上がってしまった結果、部屋が汚くなって、金運、恋愛運、が下がってしまうとしたら、おそろしいです。
部屋をいつもきれいにして風水力をアップしましょう。

| よし一人 | 一人暮らし 家電・家具 | 21:25 | comments(0) | - |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


冷蔵庫で風水
冷蔵庫を風水でとらえると、玄関の扉同様に、幸運の入り口なんだそうです。
なので、あまり冷蔵庫の扉には、メモとかシールとかは貼らないできれいにしておいた方がいいですね。
そして、風水といえば、掃除です。
きれい、清潔、新鮮が風水のキーワードです。
冷蔵庫は閉めきりなのでつい忘れがちですが、放っておくと、臭いがこもっていってしまいます。
これは、食材をいくつも入れている以上仕方がありません。
食材を出し入れしていれば、こぼれることもあります。
ソースやマヨネーズ、ケチャップ、などの調味料も使っていると、キャップの付近に、使いかけが付着してしまったりします。
ですので定期的に拭き掃除をやっておきたいところです。
ただ化学洗剤を使うと、拭き残しで洗剤の臭いが残ることがありますし、食品を入れるところに、体に害のある化学薬品はできれば使いたくないものです。
ですので、洗剤としては、酢水や重曹を使うのがオススメです。
消臭効果もあるのがいいところです。
そして掃除ついでに、賞味期限切れのものがないかチェックするといいでしょう。
また普段の臭い対策として、消臭剤を冷蔵庫の中に入れておくといいです。
オススメは炭です。
100円ショップ等で気軽に買うことができますし、効果が少なくなってきたかな、と思ったら、日干しをしてあげると、また効果が復活しますので、かなり長く使うことができます。
また炭は風水とも相性がいいアイテムなところもいいですね。
冷蔵庫を気持ちよく使って、運気をアップさせていきましょう。
| よし一人 | 一人暮らし 家電・家具 | 23:31 | comments(0) | - |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


冷蔵庫に収納する
冷蔵庫の収納術を紹介
一人暮らしの冷蔵庫といえども、大きさは、300リットル以上のものがオススメです。何かと収納場所に困る一人暮らしですから、ストッカーとして使っていくととても便利です。
冷蔵庫の特徴は、物を冷やすだけではありません。
冷蔵庫内の温度を一定に保つという働きがポイントです。
温度変化に弱いものなんかはどんどん収納してしまいましょう。
キンキンに冷やすものでないなら、温度は18度くらいに設定しておけば十分です。
他にもコクゾウムシなんかがつきやすいお米は冷蔵庫保存の方がいいです。
ただ、お米は袋のままでなく、スナップウェアのような密封保存容器にいれておく必要があります。
他に手軽なところでは、空きペットボトルなどに入れておくのもいいでしょう。
これは、冷蔵庫内の乾燥で、お米の水分が乾燥してしまって割れてしまったり味落ちを防ぐためです。
この場合のポイントは、お米を冷蔵庫から出して、使う分を取り分けたら、すぐ、冷蔵庫にお米を戻すことです。
これは、冷蔵庫と部屋内では、温度差があるので、放っておくとお米に露がついてしまうのを防ぐ為です。
それと、最近の冷蔵庫はラップなしでも保存できるように、と、庫内の湿度が高めになっているものもあります。
そういったタイプの場合も、同様に、湿気がこもってしまいますので、しっかりと密封保存しましょう。
また小麦粉や、お茶、海苔、といった乾物は、通常、常温保存できる類ではありますが、これは冷凍庫保存だと保管方法としてベストです。
乾物の敵はなんと言っても湿気です。
冷凍庫は乾燥していますので、保管場所として最適です。
乾物自体、水分が少ないので、水分が多いものに比べ、すぐに冷凍できますし、何度も出し入れしても、悪くなりにくいのです。
冷蔵庫も多面的な使い方があるでしょう!
| よし一人 | 一人暮らし 家電・家具 | 14:49 | comments(0) | - |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


一人暮らしのインテリアで参考になる雑誌
一人暮らしのインテリア」参考になる雑誌を紹介します。
ぱらぱらとページをめくって眺めるだけでもたのしいですよ。
当然参考になることも多いですよ!

●ひとり暮らしをとことん楽しむ
インテリアから、料理、恋愛、お金のことまで一人暮らしに今すぐ役立つ 「6畳ひと間でカッコ良く暮らそう!」が合言葉のライフスタイルマガジン誌。芸能人や有名人ではない「フツーの人」を主役にした、等身大の誌面づくりが特徴。「何十万円もするブランド家具なんて要らない。海外のセレブが住んでいる、広くて生活感のないアパルトマンなんかどうでもいい。見たいのは、狭くてもお金がなくても、自分らしさのある、「ハッピーな生活」−−−。そんな若者のニーズに応えるべく、「狭い部屋ならではのインテリア」「初心者でもできる料理」「がんばらない節約」「友達づくりのコツ」など、あらゆる切り口から、ひとり暮らしを楽しむ術を伝える。創刊4年、「読んでいるだけで元気になる」と評判の雑誌
●私の部屋づくり
部屋をくつろぎの場として、自由に気持ちよい空間作りに取り組んでいる若い女性に最適のインテリア専門誌! 『私の部屋づくり』は、「読者の部屋実例」をメインに、住環境にからむ「暮らしの工夫」、家具・家電・雑貨の「商品情報」を提示するインテリア専門誌です。部屋をくつろぎの場として、自由に自分の気持ちよい空間作りに取り組んでいる女性たちの生活情報誌でもあります。読者対象は20代独身女性を中心に、カップルまでをターゲットとした若い女性層。美しいビジュアル中心の誌面と、今、何が求められているかに応えるアップ・ツー・デートな企画ページに、読者の支持を集めています。中でも、高い評価を受けているのは、部屋紹介ページの一点一点の写真の質の高さと、部屋のボリューム。
●Zakka
雑貨好きのためのライフスタイルマガジン
「内外の最新雑貨情報」と、 「雑貨の使いこなし提案」、そして人気の「誌上通販」が3本柱です。 購買力のある20代女性を中心に、雑貨業界からも注目を集めています。
●プラス1リビング
ナチュラルな部屋づくりのアイディア集
住まいと暮らしを快適にするリビング雑誌。センスのよいインテリア実例 や、季節に合わせたデコレーション、家具や住まいのDIY、家づくり、リフォームなど、美しくて役に立つアイディアと実例が満載です。
●LIVING DESIGN
くらしにもっとデザインを。快適な暮らし方は自分自身で考える。生活者の誌視点で考えるくらしのデザイン誌。 暮らしと住まいの生活デザイン情報誌。住生活において、生活している人々自身が快適さを追求するための情報を提供いたします。各界著名人の暮らし方や住まいの紹介をはじめ、住宅・家具・インテリアについての記事が満載!又、暮らしのヒントとなるエッセイなども掲載しています。
| よし一人 | 一人暮らし 家電・家具 | 23:58 | comments(0) | - |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


+ SELECTED ENTRIES




bolg index このページの先頭へ