blog index

一人暮らしの知恵!

一人暮らしの生活の部屋捜し、インテリア、料理、生活費節約、必要な家具など注意すべきポイントを紹介します。  

一人暮らしを始めるあなたに、家探し・引越し、インテリヤ、家具などの一人暮らしの必需品や
風水グッツの活用、効率的な収納法の工夫、掃除・洗濯の工夫、一人暮らしのペットの飼いかた、
光熱費などの節約術、かんたんな料理レシピ、一人暮らしの防犯対策などの一人暮らしの知恵を提供します。
東京のひとり暮らしには費用がかかるので光熱費などの節約も必用になってきますね。


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


一人暮らしを楽しむ

 

一人暮らしは、暮らし費の管理から、食事、掃除、消耗品の買い物など、する事が本当にいっぱい。
住み始めてすぐの頃は、思ったより、自由じゃなかったなんて後悔した方も多いかもしれません。
でも、慣れてしまえば、苦痛を感じる事もなくなり、それらが習慣化してしまいます。

色々とやり方がよくなったり、たまには、お金を掛けて手間を省いたりなんて、色々と応用までできるようになったりしてくるもんです。
初めの頃は、心細くて落ち着かなかった方も少なくないでしょう。


でも、なにも文句をいわれない環境、これは、やっぱり一人暮らしの満足感でしょう。
恋人との電話も、誰かに聞かれたらと、心配する事もありません。
恋人だけでなく友だちでも、親がいたら遅くまで遊ぶのには、あまりいい顔はされないので、好き勝手にはできません。
でも、夜中まで飲み会をしようが、泊りにこようが、自由なのです。
但し周りの方に迷惑のかからないようにしましょう。

 ソファ リクライニング 二人掛け 一人暮らし セール ソファーマットラファエル【新生活フェア11...


それと自分自身の管理はしないといけませんが。
それに、お風呂もトイレも、いつでも自由に使えます。
親には知られたくない趣味の事でも、大っぴらにできるんです。


人には、自立しているようにみられ、尊敬される事もあります。
料理の腕も上がります?
そして、たまに帰ると、実家では皆が親切です。


この大切にされる、親との距離感がなんとも贅沢です。
これだから、ちょっとくらい大変でも、一人暮らしは一度するとやめられないのかもしれませんね。


| よし一人 | 一人暮らし | 04:13 | - | - |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


就活に一人暮らしが有利?

 
就活をする為に、一人暮らしをする、という方が、最近、すごく増えています。
実家暮らしでの就活でも、絶対に駄目という事ではありません。
ただ、面接では一人暮らしなのか、実家暮らしなのかということを、聞かれる場合もあるようです。
面接官によっては、実家暮らしというだけで、「自立していない」「親に甘えてる」などと思う面接官も多いのだだそうです。

また、就職先によっては、交通手段や通勤時間なども判断基準になる事があるようで、通勤に1時間以上かかるとか、交通費が高い場合、マイナスとされる事があるようです。
入社が決まれば、終電の時間の関係で残業があまりできないというケースも考えられます。
これらは、会社にとっては、かなりのデメリットですよね。

もしも自分とおなじ条件で、会社から近い場所で一人暮らししているという方がいれば、そちらが採用されるのは当然かもしれません。
もし、就職できれば、それをきっかけに一人暮らしを考えているという場合は、面接でその旨を伝えておくといいでしょう。

しかし、面接の合否はあくまでも、自分の能力や実力で判断されるべきなのでそれだけで損をするとしたら、なんとも微妙なところですね。
最近では、親離れのできていない社会人が多いです。

常識に欠けていたり、性格に問題のある人が、実家暮らしである事も多いようで無難に人選を行いたい会社が、それらを避ける傾向のようです。


  ひとり暮らしの賢いはじめ方―初めてでも安心、快適 (これだけは知っておきたい 新生活の心得)

| よし一人 | 一人暮らし | 20:26 | - | - |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


単身赴任でかかる費用は

 


転勤辞令を渡された時、単身赴任にするか、家族で引っ越すか悩む人が大部分でしょう。
見ず知らずの街で不安なのに、家族とも離れて暮らすとなると、どんなに寂しいか想像もできませんし単身赴任はできればしたくないですよね。

しかしながら家庭の事情で単身赴任を決意したら、まず気になるのは出費がおおよそどれくらいになるのか?という事ですよね。
これは、会社側がどこまで負担してくれるかにもよって違いますが、電化製品や家具などは自分で買い揃えるケースが多いようですよ。

単身赴任用の寮があり、家具などは一式揃っているという場合は、特にこだわりの物がない場合、出費はかなり抑える事ができるでしょう。
しかし、それが自己負担の場合は最低限の物を選んでも、生活に必要なものを揃えるとなると20万近くは必要のようです。

そして、家族に会う為の帰宅費用は、月に数回分は負担して貰える事が多いようですが、規定以上に行き来する場合は自己負担しなくてはなりません。

それと生活費ですね。
家賃は会社負担や自己負担など場合によって変動するとして、それ以外にも食費、光熱費、交通費、医療費、消耗品代、交際費などなど節約しても、10万円程度は必要になってくる事でしょう。

食事を外食ばかりにすると当然費用は膨らみますし健康上もよくないですね、単身赴任だと自分の自由が利くのでしっかりと意識しないと1家族が生活できる位の出費にもなりかねません。

一人暮らしの経験者であれば、そこまで心配はないかもしれませんが、旦那さんの性格に応じて奥さんが配慮しなくてはいけない部分もあるかもしれませんね。

 

| よし一人 | 一人暮らし | 10:14 | comments(0) | trackbacks(0) |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


一人暮らしの勧め
JUGEMテーマ:家庭

 



一人暮らしから実家に戻り、親元で暮らして生活の面倒を全て親に面倒を見てもらい、30歳を過ぎても気ままに暮らしている人が多いのだとか。

生活費というのが普通ならばどのくらい掛かるのかも、親がしてくれている家事がどのくらいの労力なのかも、理解できないままに結婚を機に自律した家庭を持つ。
そうなると、その人のパートナーは相当の苦労を強いられる事が多いでしょうね。

もちろん、親元にいる人すべてがそうだという訳ではありません。
きちんと仕事をし、生活費を入れ、家事も手伝い、将来の為に貯金をする。
そういった方が多い琴田と思います。

ですので、1人暮らししている方の方が優れているとか、実家だと劣るとか、そういった括りでみれる訳ではありません。
ですが、家族がニートで困るなんて悩みは、大抵の方が実家暮らしなのも確かです。

1人の人間が、まともに生活して行くには、それなりの収入と、それなりの頑張りが必要です。
その点を手っ取り早く理解するには、一人暮らしは最適でしょう。
自由さを手に入れる為には、嫌でも不自由な事をこなさなくてはなりませんからね。

女性の方であれば、一人暮らしではセキュリティー面で心配な部分もありますし、親元の方がいい事の方が多いかもしれません。
ですが、男性には将来の為の勉強として、一人暮らしはやはりお勧めといえるでしょう。人として、自立した一人の人間としてたくましくなりますし、なにかをして貰った時に、自然と感謝できるようにもなりますね。

一人暮らしで実際に経験・体験した良い面辛い面などで得ることはとても多いことでしょう。




| よし一人 | 一人暮らし | 09:53 | comments(0) | trackbacks(0) |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


携帯消臭スプレーは必須です。
JUGEMテーマ:日記・一般



臭いに敏感になった現代人ですが臭いには多くの種類がありますね。
お部屋全体の臭いや、トイレ、玄関先、ペット、台所まわりや生ゴミの臭い、靴下の臭いや加齢臭、口臭、ワキガとさまざまです。
それらの臭いを解消する消臭液や消臭剤なるものも、各メーカーからたくさんの商品がスーパーなどの販売店の棚に数多く並んでいます。

それらはそれなりに効果があるようです。
大手メーカーが、様々な研究を重ねて、実験・検証を行って開発しているわけですから。

最近では、持ち運びに便利な「携帯消臭スプレー」が人気を呼んでいます。
これは、外出先での消臭目的で使われることが多いようです。
よそ様のお宅に上がるときに、靴を脱いで、靴や靴下に消臭スプレーをひとふきしてから上がると安心です。

また、よそのお宅でトイレを使った後に、ひとふきシューとしておく。
このように、臭いが気になる方や、エチケットとしていつもポケットやハンドバックなどに忍ばせておくと、いざというときに恥をかかなくてすみますし他人に嫌な思いをさせなくて済みます。

戸別訪問の営業の方は、今では必携といってもいいでしょう。
消臭や脱臭方法の主なものとしては、芳香剤、酵素、バクテリア剤、被覆剤、殺菌剤、中和剤、吸着剤、光触媒、オゾンなどが使われています。
最近では、専用の携帯消臭スプレーが売り出されていて、天然の原材料を使用しているから、人体に無害で、動物にも使用でき、口の中に入れても安全という優れものもあるようです。

この携帯消臭スプレーの成分は、松、モミなどの高木をはじめ、イラクサ、クマザサ、椿、お茶、ヨモギ、レモン、など118種類の天然植物抽出エキスと海藻から抽出したエキスからなる水酸基を有する有機化合物だそうです。
また、酸性であろうとアルカリ性であろうと、有機質であろうと無機質であろうとにかかわらず、単臭や複合臭を同時に消臭してくれるようです。

携帯消臭スプレーを常に持ち歩久野がエチケットですし、安心して出歩けますね。

 

| よし一人 | 一人暮らし | 07:11 | comments(0) | trackbacks(0) |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


一人暮らしの危険防止

 データーによると空き巣が家の中に侵入に要する時間は5分弱だそうです。
一人暮らしでは特に外出するときにも危機防止策は重要になります。

出かけるときは必ず窓やドアに鍵をかけることです。
近所に出かけるときでもマンションの前に自動販売機にジュースを買いに行くだけでも、戸締りは徹底してください。

玄関に関しては、鍵をかけたら一度ドアノブを引いて、鍵がっているかどうかを確認する習慣が大切です。
玄関以上に重要なのが窓の鍵です。
一戸建てでもマンションでも、2階以上になるとつい窓の鍵を閉め忘れてしまいがちです。

キッチンやトイレ、風呂場に小窓がある場合は気をつけてください。
空き巣や痴漢を越えた強姦目的の強盗が侵入する方法として、玄関よりも窓から入るケースのほうが圧倒的に多いのです。

鍵をきちんと閉めることは大前提ですが、その上で窓からの犯罪者の侵入を防ぐためには、補助キーを取り付けることや、防犯センサーをつける、強化ガラスに変えるなどがあります。
窓にも補助キーをつけることが簡単に安価に出来るのでお勧めします。

一人暮らしにおける危険防止策はカギを必ずかけるということを忘れずに!

| よし一人 | 一人暮らし | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


女性の一人暮らしでの気をつけること

 一人暮らしの女性が防犯上気をつけること

・エレベーター
 男性と二人きりになったときは、乗ったらすぐ非常ベルが押せる位置に、背中を男性に 向けないように(背中を壁に向ける)立ちましょう。

・部屋に入るとき
 周りを確認してから、鍵を開ける。

・部屋では
 訪問者(宅配業者など)はドアスコープで確認するか、チェーンをはずさないで確認し ましょう。

・ひったくりに遭わないちょっとした注意
 鞄やバックは、道路と反対方向に持ちましょう。
 自転車の籠には、ひったくり防止用ネットを、ない場合は雑誌などを上に置くだけでも違います。

他の防犯上の注意点はこちらへ

| よし一人 | 一人暮らし | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


一人暮らしのがんばるアラフォー世代 

 
アラフォー世代と言う言葉が世の中にすっかり定着しましたね。。
ご存知とは思いますがアラウンドフォーティーの略語で、35歳から45歳までの女性層を指巣のですね。
アクティブで経済的な余裕があり、情報をたくみに使いこなし自己の価値観に忠実な人たちだそうです。
いわゆるインターネット世代ではなく、テレビや雑誌などマス・マーケティングが有効に機能すると考えられています。
そのため、この層を狙った女性雑誌が多数創刊されています。

このアラフォー世代の結婚・出産の話題がマスコミで俄かにクローズアップされていますね。
何故ならば、この年代の女性の結婚が一番難しいと言われているからです。
例えば、まだ妊娠の可能性があるので、結婚するなら子供が欲しい最後のチャンスである。
子供が成人しても現役で仕事をしてられる年下、同年代の男性を希望すること、自分自身を中年とは思いたくないし、実際魅力的で実年齢より若々しい素敵な女性が多いですね。、このような人は過去のいい思いを忘れられないとも言われています。

ここ数年、このアラフォー世代の出産が増えているそうです。
 厚生労働省の人口動態統計を見ても、35〜44歳で第1子を出産したのは1990年に2万1224人でしたが、2000年は3万7219人、2006年は6万1439人と急増しています。
20代での出産は最近では非常に若いと捉えられ、35歳の出産が普通、40歳以上の出産も医学の進歩のおかげで特に珍しくないそうですからね。

がんばるアラフォー世代にエールを!

 

 

| よし一人 | 一人暮らし | 04:57 | comments(0) | trackbacks(0) |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


女性の一人暮らしの防犯意識
女性の一人暮らしにはホームセキュリティ、防犯意識を持つことが大切です。
女性でも自分の身は自分で守らなければなりません、女性の一人暮らしの注意点をまとめてみました。

留守になりがちな一人暮らしです。
戸締りをしっかりやる(玄関のチェーンも忘れずに)。チャイムが鳴っても、誰なのかを確認してから鍵を開けるようにします。
女性の場合、駅から後をつけられているという可能性もある(夜道を歩くときは防犯ブザーなどの防犯グッツや電話を片手に持って、近道でも人通りの少ない道は通らない)。
見知らぬ他人に生活スタイルや女性の一人暮らしである事を悟られないように注意する必要もあります。
表札やポストにフルネームを書くことは危険です。
表札には何も書かないか、マンションなどの決まりで書くときは、苗字だけ書くか、もしくはお父さんの名前など男性の名前を書いて、女性であることを知られないようにすることが大事です。
ポストには必ず鍵をつけましょう。

それと自宅に帰ったとたん、安心して注意を怠るのも危険ですね。
自宅に帰り着いて ホッとして、気を抜いた瞬間におそわれるケースが多くあります。
次のことに注意しましょう。
最近は玄関を開けると同時に犯人に押し込まれることがあるため、玄関を開ける前に必ず周囲を確認することが大事ですね。
ワンドア・ツーロック以上の鍵を取り付け、ピッキング対策やサムターン回し防止のための対策をしておくこと。
オートロック式のマンションは、オートロックが開いているわずかな間に一緒に入られるケースもあるので、必ずその手前で周囲の安全を確認する。

エレベーターの中は密室です、エレベーター内でおそわれるケースがあるので、乗降時には特に注意し、知らない異性と2人で乗るのは避け、同性の人と一緒に乗るようにする。
週に何日かは、室内の電灯やテレビ等をつけたまま外出したり、タイマーで帰宅時間より早い時間から照明が灯るようにするなど、同居者がいるように装う。
女性の一人暮らしは、防犯上の環境が優れた地域や建物を選び、できる限り1階は避けるようにします。

何よりも日頃から防犯意識を高めておくことが大切ですね。




JUGEMテーマ:生活家電


| よし一人 | 一人暮らし | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


一人暮らしの防犯を再チエックしよう
一人暮らしでは日頃から防犯意識を高めておくことが大切です。


一人暮らしの防犯対策としては、・戸締りをしっかりやる(玄関のチェーンも忘れずに)ことです。
チャイムが鳴っても、誰なのかを確認してから鍵を開けるようにしましょう。




・部屋に大金を置かない。
・ポストに鍵をつける(無理なら日に何度か中の郵便物を回収して、ポストに残しておか ない)。
・女性の場合、ダミーでよいのでベランダに男物の下着を干しておく。
・おかしいなと思ったらすぐに鍵を交換する。
・女性の場合、駅から後をつけられているという可能性もある(夜道を歩くときは携帯電 話を片手に近道でも人通りの少ない道は通らない)。
・防犯ブザーなどの防犯グッズを持ち歩く。
 蛍光色や光るタイプの警報アラームもあります
・特に女性の場合、表札やポストにフルネームを書くことは危険です。
 表札に何も書かなくてもいいとおもいますが、マンションなどの決まりで書くときは、 苗字だけにするか、もしくはお父さんの名前を借りて男性の名前を書くなど、女性であ ることを知られないようにしましょう。
・公共料金の明細や宛名の書かれたハガキ・封筒などは、そのままゴミ袋に入れて捨てな いでシュレッターにかけるか細かく破いて捨てる。(本人の名前、住所、差出人の名前 が犯罪に悪用される可能性があります。)
・ゴミ捨てに部屋を出るときにも必ず鍵をかける。
・洗濯した下着を近所や道路などから目につくところに干さない。
・暑い夏の夜、一階でなくとも、部屋の窓を開けたまま寝ない。

世の中が豊になりいつでも何でも手に入る世の中となることは便利ですが、それを悪用する犯罪者も多いのです。
警察も事件が起きてからでないとなかなか動いてはくれません。
こうなってくると自分の身は自分で守っていくしかない状況です。

被害に合ってからでは遅いので、十分防犯に対して理解を深め実行しましょう。

| よし一人 | 一人暮らし | 16:28 | comments(1) | trackbacks(0) |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


+ SELECTED ENTRIES




bolg index このページの先頭へ