blog index

一人暮らしの知恵!

一人暮らしの生活の部屋捜し、インテリア、料理、生活費節約、必要な家具など注意すべきポイントを紹介します。  

一人暮らしを始めるあなたに、家探し・引越し、インテリヤ、家具などの一人暮らしの必需品や
風水グッツの活用、効率的な収納法の工夫、掃除・洗濯の工夫、一人暮らしのペットの飼いかた、
光熱費などの節約術、かんたんな料理レシピ、一人暮らしの防犯対策などの一人暮らしの知恵を提供します。
東京のひとり暮らしには費用がかかるので光熱費などの節約も必用になってきますね。


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


単身赴任の辞令を受けた時の手続き

 
単身赴任の辞令を受けたときの手続きも、新しく赴任先の住居を探し、そこへ引っ越すのと同じ手続きと同じだと思って間違いないでしょう。

会社によっては、単身赴任する方に、会社の寮を提供する場合もあります。
その場合は、新居を探す手間が省けて便利ですね。

まず、電気・水道・ガスの手続きを忘れずに行ないます。
電気は、引越し当日にブレーカーを上げれば使用できます。
その後、申込書を郵送します。
水道も蛇口を回せば水が使えます。
万が一、水が出ない場合は、玄関近くに元栓がありますので確認しましょう。
そして、申込書を郵送します。

ガスの場合は、電気・水道と違い、開栓手続きをしなければなりません。
この開栓手続きは立会いになります。
引越し日に開栓できるように、必ず事前にガス会社に電話をして予約しておきましょう。

とりあえず、電気・水道・ガスが使えるようになれば、住むことはできますね。
これでまずは一安心です。

次に、手続きです。
ご自分の住民票を移さなければなりません。
現在住んでいる地域を管轄する市役所に行き、ご自身の転出届を出します。
そして、引越し後14日以内に新しい住所を管轄する役所に行き、転入届を提出します。
車なども一緒に移動させる場合は、別に手続きが必要です。

さらに、銀行やカードなどの住所変更もありますが、銀行などのお知らせは奥様宛の方が便利でしょうから、わざわざ住所変更することはないかもしれませんね。

手続きの洩れの無いように、きちんと事前にチエック表を作成しておくとよいでしょう。


引越パック単身赴任用(ダンボール15枚、ハンガーケース1枚、発泡シート30枚セット)

| よし一人 | 一人暮らし 引越し | 19:45 | - | - |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


初めての一人暮らしの引っ越し

 
新年度に伴い入学や新社会人として一人暮らしを始める人も多いですね。
そこで引越しが必要になりますね。
引っ越しをする場所・日時がが決まったならば、次は引っ越しのやり方を考えなくてはなりません。

「業者を使わないで全て自分達で行う」
「自分達で出来る事はやり、出来ない事は業者に依頼する」
「荷物の移動を業者に依頼する」
「梱包から搬送、搬入まで全て業者に依頼する」
「引っ越しの全てを業者に依頼する」
等、やり方は色々有ります。

例えば大手の引っ越し業者に引っ越しを依頼した場合、色々なプランが用意されている事が多いです。
また、用意されているプランだけではなく、オプション等も上手に利用する事によって、自分仕様の引っ越しプランを作り出す事が出来ます。

新しく一人暮らしを始める場合は荷物も多くないと思うので費用面から考えた場合には、レンタカーを借りて、男手を知り合いに頼んで、出来るだけ自分達で行う様にするとコストダウンも計れるし望ましいとは思うのです。
自分達で出来ない事ももちろん有ります。
例えばタンス等と言った大型家具、エアコンの脱着と言った事などです。
これらは引越し先で落ち着いてから購入するのも方法ですよ。

 

| よし一人 | 一人暮らし 引越し | 11:52 | - | - |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


引っ越したらすぐにインターネットを使うには
今や、一人暮らしの必需品ともなっているパソコンです。
仕事として使っている人も、趣味や勉強で使っている人も、インターネットを利用しない日は無いと言ってもいいのではないでしょうか。

引越しをすることになって、インターネットが暫く使えなくなると、大問題ですよね。
趣味で使っている人はまだしも、勉強や仕事で使っている場合は困ります。
引越し時の手続きとして、水道・ガス・電気などは、事前に手続きしなければいけないと、誰しもが考えます。

インターネットも現在使っているから、そのまま移転手続きすればすぐに使えるようになる、と考えている方は多数いると思います。
しかし、そうではありません。
現在の地域と、引越し先の地域が違ったり、集合住宅などへ引越しする場合など、様々な理由により、すぐには使えないのです。

引越し先では、現在のプロバイダがサービスをしていないので、使えないという場合もあります。
また、マンションへ引っ越す場合は、マンション1棟単位で1つのプロバイダに加入していることもあり、強制的にそちらに変えなければならない場合もあります。

引越しに伴うこれらのトラブルを避けるために、引越し業者によっては、引越し後すぐにインターネットが使えるように、事前に調査するサービスを行なっています。
このようなサービスを利用し、引越し後もすぐに安心してインターネットが使えるようになるといいですね。   



   NTT Bフレッツ(ハイパーファミリー)      



| よし一人 | 一人暮らし 引越し | 15:28 | - | - |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


引越しは手順を考え計画的に

卒業、入学、入社、転勤のシーズンになると引越しのシーズンでもあります。
一人暮らしの引越しも通常は引越業者に依頼しておこないます。
引越しでは引越しの日を決める、段取りをするといった計画が重要なポイントになっています。
引越しでは手順を考えた計画を立てるのが一番重要なことです。
この引越しの計画がちゃんと立てられていないと引越しがスムーズに進みません。
引越しがスムーズに進むためにも引越しの計画を事前にしっかり立てましょう。


例えば、引越しをする日ですが、引越しにも繁忙期があります。
例えば3月4月は転職や入学、就職によって引越しが集中する時期で料金もアップしますし、サービスレベルが下がったり引越しが希望の日に行うことが出来ないことがあります。
ですから、引越しの日はできれば早めに決めておいて繁忙期を避けるほうがいいですよ。



また引越しをする時間帯ですが、引越しをする時間帯は遅くなれば遅くなるほど料金は安くなるといわれていますから、自分がいつ頃引越しを考えているのか時間帯も早めに考えておくといいかもしれません。


ある程度の引越しの計画が立ったら、次は引越し業者を数社世間の評判などを参考に選んで引越しの見積もりをしてもらいましょう。
見積もりを取る際には以下のことを業者と確認しておきましょう。
引越し予定日・ 引越し荷物の内容・荷物の搬出(旧居)・搬入(新居)希望開始時刻など。
引越しの見積もりが終わって比較ができれば引越し業者も決まると思いますから、これである程度の引越しの計画が立つと思います。


一人暮らしのでは荷物が少ないので業者に依頼せず、家族や友人の車で引っ越すと安く済みます。
手伝ってくれる友人が2〜3人いればレンタカーでの引っ越しが安く済みます。


それと赤帽を利用した引越しは、荷物が少なく近距離なら結構安く上がり、一人暮しの方向きの引越しですね。


 

| よし一人 | 一人暮らし 引越し | 09:16 | comments(0) | trackbacks(0) |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


引越しはインターネットで業者選定がよい!
引越しする時、業者を探すならネットが便利です。
引越しは何かとやる事があって慣れていない方には大変なものです。
転勤が多いなど一部の方を除けば人生で引越しをする機会は意外に少なく、最初に業者選びで悩んでしまう事も多いのではないでしょうか。
引越しするにあたって何が必要か、意外と思いつかない場合もある事でしょう。
引越し会社を決める時には、インターネットを活用しましょう。
ひと昔前なら1件1件各社に電話で荷物内容を何回も伝えなくてはならず非常に手間がかかっていました。
しかし今はインターネットが普及しているため、引越し会社各社がホームページを開設しているのが当たりまえになって、ホームページから見積もり依頼が出来るようになりました。
さらに各社の情報を詳細に見る事が出来ますので電話より安心ですね。
引越し先が決まったら、引越し準備の計画を立てましょう。
まずは自分で荷物を運ぶのか、引越し会社に引越し作業を依頼するかを決めます。
インターネットが使えるのであれば、引越し会社のホームページを見て各社のサービス内容を見比べて、じっくり検討すると良いでしょう。
ネットなら、引越し会社選びに始まって、引越し準備に必要な事など仕事が終わってからでも自宅でゆっくり調べられます。
見積もりは無料ですから、引越し会社については、数社(最低でも3〜4社以上)から見積もりをもらい、金額と内容を比較する事をおすすめいたします。
今は大変便利になりまして、引越しの一括見積りサイトというものがありますから、これを使わない手はありませんね。
インターネットを上手に活用して引越し業者を選択しましょう。

             一人暮らしの知恵 目次へ
| よし一人 | 一人暮らし 引越し | 16:49 | comments(0) | trackbacks(1) |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


引っ越し【その他の手続き&上手な下準備♪】
その他の手続き&上手な下準備を
まずは、引っ越しの際の銀行やその他の手続きについてまとめました。
■銀行預金の手続き
[引っ越し前]
転出先に同行支店がない場合は解約。
[引っ越し後]
転入先に同行支店がある場合、転入先で住所変更の手続き。
通帳、銀行登録印、身分を証明するものを持参。
■電気・ガス・水道に関する手続き
引っ越しの1週間前〜3、4日前までに電話で以下の連絡をする。
・それぞれの会社の担当区域の営業所へ引っ越しをする事を連絡する。
・引越先のそれぞれの会社にも、当日から使用できるように連絡します。
■運転免許証に関する手続き
引越後に、住所変更の手続きをします。
引越し後15日以内に最寄りの警察署へ免許証・住民票を持参。

             一人暮らしの知恵 目次へ
続きを読む >>
| よし一人 | 一人暮らし 引越し | 05:16 | comments(0) | trackbacks(1) |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


引っ越しの手続き その1
引っ越し【手続き〜役所・郵便局編〜】

引っ越しには様々な手続きがつきものです、忘れずに手続きをしよう!
今回は、役所と郵便局に関する各種手続きをまとめてみました。
■市役所・区役所での手続き
1)転出・転入手続きについて
[引っ越し前]
印鑑と身分証明をできるものを持参し住民異動届けを出し、転出証明書を発行してもらう。
[引っ越し後]
引越14日以内に転出証明書、印鑑を持参して転入届をすませる。自動車、オートバイを持っている人は、この時、住民票を必要な枚数もらっておく。
2)国民健康保険 について
[引っ越し前]
保険証・印鑑を持参して異動届を出し、保険証を持参。
[引っ越し後]
転居届と一緒に行う。
3)印鑑登録 について
[引っ越し前]
転居届を出すと自動的に消去。
[引っ越し後]
新規印鑑登録(実印を持参)
※当日は手続きのみ、後日郵送された用紙を持っていき、はじめて発行される。自転車、オートバイを持っている人はこの時、印鑑証明を必要枚数もらっておく。
4)国民年金 について
[引っ越し前]
転入先にて手続き。
[引っ越し後]
引越後、14日以内に年金手帳、印鑑を持参。
5)原付自転車 について
[引っ越し前]
ナンバー・車両番号交付証明書・印鑑を持参。
[引っ越し後]
廃車届控・住民票・印鑑・車体ナンバーの写しを持参。
(2)郵便局での手続きについて
■郵便物転送願い
[引っ越し前]
転居届を現在の受け持ち郵便局宛てに提出。
[引っ越し後]
特に必要ではないですが、最寄りの郵便局へ転入届をだしておくと配達がスムーズ。
■郵便貯金 について
[引っ越し前]
手続き不要です。
[引っ越し後]
通帳と登録印を持参して住所変更の手続き。
意外と手続きも多いですね、早めに手続きを済ませましょう。

           一人暮らしの知恵 目次へ
| よし一人 | 一人暮らし 引越し | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0) |


一人暮らしに必用なもの
一人暮らし用の家電や家具、料理器具や一人暮らしの生活を潤すインテリア小物など。

一人暮らしの知恵目次へ


+ SELECTED ENTRIES




bolg index このページの先頭へ